基調音

b0208220_0224974.jpg



映画  「おと・な・り」 


この映画みたかったんだよなぁ~っと思い出して
DVDをかりてきました。


アパートの隣同士に暮らす30歳の男女が、壁越しに聞こえるお互いの生活音をきっかけに距離を縮め、出会うまでを描いたラブストーリー。

主演は岡田准一と麻生久美子。

熊澤尚人監督が、函館イルミナシオン映画祭シナリオ長編部門で佳作を受賞したまなべゆきこの脚本を映画化。


この映画の中でキーワードになる「基調音」

いつもそばにあって、ないと寂しく感じる音

聴いていると穏やかな気持ちになれる音

心地よくて、当たり前のように自然と受け入れられる音

普段は意識的に聞く事はないけれども、無いと不安な音

基調音は、人の心を癒す効果があるそうです。


「人は大人になっても自分の中にある基調音みたいな物を追い求めている
でもその音はなかなか見つからない」

そんな台詞があって、自分の中の基調音は、なんだろう?!

っと、考える。


私はけっこう身近な人の車のエンジン音が聞き分けることができます。

・・・猫みたいでしょ。

昔、飼っていた我が家の猫は家族の車の音が聞こえると
玄関で出迎えてました。


この映画、幸せな気持ちにさせてくれる映画でした。
[PR]
by claynote2010 | 2011-10-15 00:42 |
<< ご無沙汰してます 日常のかたち >>